FC2ブログ

かかりつけのお医者様の引退パーティ



パリに引っ越してきてから、10年間、お世話になった開業医の先生の、引退パーティに行きました。
そもそもは、私の連れ合いの同僚(ゲイ)の方の紹介でした。 かかりつけのお医者さんを持たずに、総合病院に、科目ごとに、自分で予約して、いくことも、勿論、可能です。例えば、かかりつけのお医者さんは、勿論、レントゲン施設とか、音響診断装置とか、医療器械は、ないので、あらかじめ、目的が、はっきり判明しているときは、直接、総合病院に予約しますが、その際も、かかりつけのお医者の診断書、処方箋(オルドナンス)が、必要なので、主治医をもっているのが、普通です。但し、歯医者、眼医者は、べつです。なおかつ、ゲイカップルにとって、ゲイのしっかりした先生だったので、安心でした。もともとの専門は、皮膚科と感染症、ようするにエイズです。パーティでの、彼のスピーチで、医者として、約50年、働いたそうです。とすると、仮に、25才から、働いたとすると、今、75才?
んんんんん~~~、我々と同じ年、63才位かと思っていたので、ビックリしました。彼の弟さんは、判事なので、優秀な御兄弟ですね。
でも、私のタイプじゃ、なあ~~~~い。私の連れ合いのお母さん(義母)も、うちへ来てた時、往診してもらったこともあったし、年末のクリスマス後、連れ合いが、高熱がさがらず、この主治医がつかまらず、救急医に来てもらって、血液検査して、やっと、主治医が連絡取れて往診してもらったところ、敗血症が判明し、急遽、対応抗生物質を注射、ということもありました。ちょっと、危なかったといわれました。どちらかというと、運動しない、不健康な我々にとって、誠にありがたいドクターでしたので、シャンペンのマグナムボトル一本と、日本酒一升瓶をもって、七時半よりのパーテイに、いざ、出陣。
この先生の診察室の隣は、皮膚科専門のお医者さんで、待合室とレせプしょにストを共有してて、私は、この夏、この皮膚科の先生にも、痛い魚の目と、ストレスからくる、ふけ(特にアジア系は、パリでストレスから、ふけがでるんだよと、即座にいわれたのですが、ほんとかなあ、しかし、処方シャンプーで、すぐ、完治)をみてもらいました。二人の仲良し先生達は、二人共、すごく、繁盛していて、皮膚科の先生の方は、予約二か月先迄、満杯というところを強引に、私を押し込んでくれました。この皮膚科の先生は、ちょっと、わたしのタイプかな~~~、小柄だけど、いけなくもない。
リフトで、上に上がる際も、ワインの箱らしきものを持った人と一緒。
待合室と、先生の診察室と廊下に、約百人位の人、おじさんどもが、シャンペングラス片手に、おしゃべり。
女性は、四人のみ。あとは、ぜ~~~んぶ、おじさん。若い人、数名。大体、五十代、我らの六十代? の ゲイ 中高年 大集合。
おかしいなあ、、、一人ぐらい見たことのある顔がいても、いいと思うんですが、ま、パリは、広いから。それと、いままで、十年間、待合室で、ほかの人を観察してて、もっとパリっとしてて、魅力あるおじさんを見てきたんだけど、今夜は、いいへん。
アジア系は、私を入れて、四人のみ。オードブルは、ツナマヨねあえ、海老カクテル、サンドイッチ、サテ(マレー風焼き鳥)、えtcで、結構いろいろでました。この先生のパートナーは、来なかった。
私は、シャンペンは、二回、お替り。連れ合いは、四杯飲んだので、二人で、シャンペン一本分、飲みました。我々、全く、社交的でないので、他の参会者とお話せんかった。しかし、一人で来てる人も、いました。
かつての診察台にテーブルクロスしいて、オードブルがおかれてました。
スポンサーサイト



品川 御殿山から、天王洲アイルのビルの眺め


右側が天王洲アイルの第一ホテルシーコンフォートとか、JALとか、のビルで、左が、品川駅東口のオフィスビル群だとおもうんですが。 いずれにしても、拙者の地元です。御殿山のマリオットホテル高層階から眺めた、エ久ゼクティブフロアからじゃ。一泊二人朝食付きで、五万円。。。。。。品川駅から無料シャトルバスが出ているものの、ビル地階に、セヴンイレブンあるものの、やはり、不便というか、今一かなあ。朝食は、ビュッフェ大変よく、ラウンジでは、アペリティフ飲み放題、つまみ充実するも、夜遊びは、出かけて、かえってくるのが、タクシーになるし、二泊目、鍵あかず、レセプションまで、戻らんとあかんかったし。
丁度、台風十五号が、東京に上陸する前の日にチェックインして、台風が通過した翌朝、チェックアウトだったので、タイミングも悪かったのでした。よって、三日間、蒸し暑さ、最高だった。ので、またしても、お風呂の王様にいってしもうた。
警告がでている、不感の湯は、始終おじさんらで、入る隙間ない。寝そべる湯では、若者、が体のいいのが、ちんこを隠さず、ひろげている。三分の一は、そういう男、特に若い男、結構いて、楽しーーい。二回、連れ合いといったのですが、午後三時ごろ。平日のこの時間帯なのにねえ、何で、混んでるのかなあ。男子トイレに、二人で入ったら、すぐ、そとから、開けるか、警察呼びます、との張り紙があり。 怖。人様の竿を見るだけで、十分、楽しみました。大きな人は、いんかった。
今回は、墓参り二か所済ませて、北陸新幹線で、最初、和倉温泉、妙高高原、そして、善光寺さん、軽井沢、と上って来たので、なおさら、台風前、後の蒸し暑さが、堪えたのでしょう。DSCN0535.jpg
長野も暑かったけど、北国街道の加賀のお殿様の常宿だった、本陣が、善光寺さんの参道にあるとは、しりませんでしたがや。そこで、お紅茶と、シフォンケーキをいただきました。連れ合いが、見たいという大本願は、皇室とゆかり深く、京都の五摂家の御姫様が、入寺される格式高い尼寺です。 腕時計の電池もいれたし、長野駅のスーパーで、お昼の、サンドイッチと半額のバナナケーキもかったし、よかったあ。朝と夜、食べすぎるので、昼位、軽くすませても、旅すると、御里帰りすると、大体、3キロは、太る。
その後、私は、初めての、軽井沢、中軽井沢の星野温泉にも、電動自転車で、旧軽井沢から、一時間位、漕いで、行きました。
涼しいし、豪華な別荘もたくさん見たし、美智子上皇后さまと上皇様のテニスコートもみたし、ホテルのギャルソンの男の子もかわゆいし、いろいろ、私が話しかけて、チップは、あげなかたんですが、最後の朝食後、レストランの入り口まで、走ってきて、お別れのあいさつを言いに来てくれました。彼は、まだ、当分ここにいますといっていたので、また、ニ、三年後、このホテルに行かなくちゃ。爺様ばあ様が、孫と一諸にか、ゴルフ客の泊まるとこで、ゲイカップルは、滅多にというか、全くこないと思う。(プリンスでは、ありましぇん)
軽井沢も、旧中山道の宿場で、幕末、和宮様が、徳川家に降嫁の際と明治天皇も、中山道、即ち軽井沢を通って、江戸に向かい、その際、明治天皇が、お飲みになった泉がいまも、あるんです、我々泊まったとこの一画に。  そのご、軽井沢は、寂れるも、イギリスの宣教師が、軽井沢の夏の涼しさに目をつけ、別荘地として、発展し、昭和の戦争中から、ピストル堤さんが、軽井沢駅南を手に入れ、開発して、皇太子さまが美智子様をテニスコートで、お知合われ、星野温泉が、息子さんの代で、リソート開発に発展、というところが、誠に大雑把ですが、ミニミニ 軽井沢の流れでしょうか。
、、、、、、そして、我々、台風の来る東京さ、ついたのです。
マリオットの真後ろにある、原美術館で、時間つぶして、チェックイン。

ビルだらけの 東京には、もうついていけない。山手線の超満員電車には、もうごめん。蒸し暑いし。

ということで、いま、ジャック シラク元大統領が、死去されたというニュースをテレビでみました。大相撲大好きという、大の日本びいきの方で、日本女性のある方と、噂のあった方。ベルナデット夫人を二回、おみかけしたことがあります。今は、リュクサンブール公園のセナ、上院の前のところにお住まいなので、マクロン大統領が、弔問に来るので、一帯、道路封鎖だそう。
若いころの、シラク大統領は、すごく、ハンサムな方で、、、、、、、     ちょっと悲しいです。

Profile

村岡 秀俊

Author:村岡 秀俊
がんばらない、心配すんな、なんとかなる、すぐ、いいことがあると思うと、すぐ幸せになる、人生は、死ぬまでの暇つぶし。
幸運は、自分で作り出す、直感、第六感、虫の知らせを信じてます。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
フリーエリア
フリーエリア

にほんブログ村 http://liking.blogmura.com/love_same/img/love_same88_31.gif
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR